【東】202207
【東】202207
【東】202207

【東】202207

通常価格¥1,320
/
税込 配送料 は決済時に計算されます。

  • 在庫が少なくなっています。残り3件
  • 在庫補充中です

ページ数: 378ページ
ジャンル:長編小説(海外文学)
海外に行きたくなる度: ★★★★
読了しやすさ:★★

<あらすじ>
画家ゴーギャンをモデルに、芸術のために安定した生活をなげうち、死後に名声を得た男の生涯を描く。ストーリーテラーとしての才能が遺憾なく発揮された傑作。

<スタッフおすすめポイント>
20世紀初頭、花の都・パリ。
当時のパリはまさにアートの中心地で、美術の授業で誰もが一度は目にしたであろう偉大な画家たちが、こぞってパリへと集まっていました。

この時代にパリにいた外国人芸術家たちを「エコール・ド・パリ」と総称することがあるのですが、本作は、そんなエコール・ド・パリ(厳密ではないですが)の周辺人物である一人のアーティストがモデルとなった、およそ100年前の物語。

証券会社で働いていたごく普通の男性が、ある日突然家族を捨て、画家を志しフランスに旅立つところから物語は始まります。
何不自由なく暮らしていた生活を突然投げ出し、絵描きとしての第二の人生を切り拓く主人公。芸術に取り憑かれた男は、いらないものを捨て、性格までも変え、創作意欲に心血を注いでいきます。

「人はなりたい姿になれるわけではなく、なるべき姿になるのだ」(本文より引用)

夢だけを信じる主人公の生き様は、あまりのストイックさが痛々しく、また美しくもあり。

本作のキーワードとしては、夢と現実・価値と無価値・自分と他者。冒頭50ページ、時代設定からくる硬めの文体になれるのに少し時間がかかりますが、その先のドラマチックなストーリー展開、そして、人生に通ずる名言や思想が随所にちりばめられている点が本作の魅力です。

20世紀を代表するイギリス文学の最高傑作とも呼び声高い本作。教養・面白さ、どちらの観点からも読んでおいて損はないでしょう。

作家・原田マハさんの描くアートミステリーの世界観を愛する方には、絶対ハマるはず!アートなパリへ行ってらっしゃいませ。

推薦文寄稿:Chapters bookstore 書店主 森本萌乃

全国一律330円(税込)
※送料は、複数ご購入いただいた場合でも1商品ごとに発生します。

POINT①

本のタイトル・著者は、お届けまでのお楽しみ。

現役書店員や出版社の方と、時間をかけてじっくり丁寧に選書。直感でお選びいただくことで、普段自分では手に取らないような本との出会いをお届けします。

POINT②

リアル店舗では、パーソナル選書も。

2024年4月にオープンした市ヶ谷の実店舗「チャイと選書 Chapters bookstore」では、お客様一人ひとりのお気持ちに寄り添った選書もご提供しております。

You may also like